親子二人でできる「周りを見れるようになる練習方法」

「周りを見れるようになるための練習方法」で親子二人でできるのものってネットをみても、YouTubeをみてもあまりのっていませんでした。

そこで考えたのが、下記のような練習方法。

ポールを公園の両端において、ポールを首をふって確認しながら、パスあいするというものです。

  • 私はウロウロとドリブルする。
  • 息子は両端のポールを見て、自分が欲しい場所を私に指示し声を出してパスを要求しトラップ。
  • そして私にパスで返す。

というもの。

息子には「ポールはキーパーだと思え」と言いました。

試合中に敵と味方のキーパーを確認しながらボールを見る意識をつけるという感じ。

キーパーを見るようにすれば、自動的に一番の遠いところを見る癖がつくかなと思ったからです。

こう考えた理由は、元日本代表の中村憲剛さんが「遠くを見るようにすれば、自動的に近くも見れるようになる」と言っていたことを「練習に落とし込めれないか?」と思ったからです。

まだ始めたばかりなので、どういう結果になるか分かりませんが、修正しながら続けていきたいと思います。

★下記のボタンを押してくれると感謝感激です<(_バ_)>
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

★うちの息子は檜垣さんのDVDで学ぶことで、確実にサッカーが変わりました!


檜垣裕志の「サッカーテクニック向上メソッド」