・当ブログでは広告を表示しています

前にやっていたことを久々にするとできなくなるのは?

前にやっていたトレーニングを久々にしてみると「できない!!」
ってことないですか(汗)

これについて私なりの理由を考えてみました。

まず第一にサッカートレーニングといっても色々あります。

檜垣さんのトレーニングにしても2つ3つじゃない。。。

だから1日やれることは限られますよね。

ゆえに一時期はやっていたが、しばらくやっていないトレーニングもあったりする。

そして、「久々にあのトレーニングやって見るか!」と言ってやってみるとできなくなっていたりする。。

それは「身に付けていない」というよりも、そのトレーニングの意図を理解せずにやっていたというのがほとんどです。

要するに「何をトレーニングしているのか?」を理解していない。

檜垣さんがよく言われるのがリフティングはリフティングをすることが目的ではなく、

  • ボールタッチ
  • ボールに合わせる
  • ボールを自分のものにする

ためのトレーニング。

そう理解して取り組むことで、

  • ロングキック
  • トラップ
  • ドリブル
  • パス

すべてのトレーニングになるわけですね。

しかし、それを理解していないと
「久々にロングキックを練習したら蹴れない」

といったことが起こるわけです。日頃リフティングトレーニングをしているのに関わらずです。。。(涙)

また、直線を行ったり来たりする「ドリブル&ターン」のトレーニングを久々にしたらターンがスムーズにできない!

といったことが起こったりする。

しかし「ターン」と「ワンタッチのインアウトドリブル」の体の使い方は同じなわけです。

日頃、インアウトドリブルの練習をしているにも関わらず、こんなことが起こる。。。(涙)

これこそ、本質を理解せず、形だけをトレーニングした結果です。

こうなってしまうのは、まさに親の責任。

親がしっかり学び、子供をサポートしていないからこんなことが起こってしまう。

とくに小6、中1になってこの状態だと正しく矯正するのが本当に難しくなります。

そうならないために、親が正しいもの(本やDVD)などで真剣に学ぶこと!

わたしみたいに上辺だけを理解して子供をサポートするような間違いだけはしないようにしてください。

バカ親父の戯言

Posted by eiji