・当ブログでは広告を表示しています

【サッカー脳向上のために】自分のためではなく味方のために動く

サッカーにおいて、よく言われるのが
「ボールを持っている時よりもボールを持っていない時の動きが大事」ということ。

いわゆる「オフザボールの動き」というもの。

その動きの中でも難しいのが「味方のための動き」だと私は思います。

「スペースを作る動き」とか「囮の動き」と言われるものですね。

なぜ難しいかというと、この動きは自分がボールを受けるための動きじゃないからです。

「自分!自分!」「俺が!俺が!」の考えではできない。
だから難しい。。(汗)

息子のチームのビルドアップをみていて思うのが、
この点なんですね。

通常、ビルドアップとなると、下記のようにワイドに広がります。

でもこれだと、各選手にマークがついているから、キーパーもボールを出しずらい訳です。

そんな時に、8番の選手が中に動いたらどうなるでしょう?

こうすると敵の10番の選手はもちろん赤9番の選手も引き付けられるかもしれないので、赤点線の部分にスペースを作ることができます。

そうすると、味方の青11番の選手や青6番の選手がフリーでボールを持てる可能性が出てくるわけですよね。

でもこういった「味方のために」という気持ちがないから、
自分であくせく動いてボールをもらわなければいけないし、ボールをもらっても、すぐに一対一になって、あくせく動かなければいけない(汗)

こうならないためにも、サッカーを見る視点を変えていく必要があるんでしょうね。

その視点を変えていくにもスアレスの動きはとても参考になると思います♪

バカ親父の戯言でした(爆)

バカ親父の戯言

Posted by eiji