【ディフェンス方法】裏を取られないための「マークの3原則」とは?

マークの付き方って知っている人は知っているのかもしれません。

しかし何となく分かっているけど、「うまく子供に伝えられない」というお父さんも多いのではないでしょうか?

そこで役に立つのが「マークの3原則」というもの。

私もYouTubeでこちらの動画をみることで知ることができました。

マークの3原則とは

  • ゴールの中心とマークを結ぶライン上に立つ
  • マークとボールを同一視野に入れる
  • パスカットにいける距離に立つ

の3つ

下図のような感じです。

ゴールの中心とマークを結ぶライン上に立つ

ゴールの中心とマークを結ぶライン上に立つのは、ボールがマークに入った瞬間にシュートコースを作らせないため。

ゴールを守るのがディフェンスの仕事ですから基礎中の基礎ですね。

マークとボールを同一視野に入れる

マークとボールを同一視野に入れるは裏を取られないための基礎。そして、ボールを奪うためにはマークとボールを一緒に見ておかなければ無理ですからね。

パスカットにいける距離に立つ

上の2原則を守っていても、ボールを奪える距離にいないと意味がありません。

そして離れすぎていてはマークにプレッシャーも与えることができません。

加入月は視聴料がかかりまりません。
チャンピオンズリーグを見るならWOWWOW


マークの基礎を全く分かっていなかった

私はこの「マークの3原則」を知って2番目の「マークとボールを同一視野に入れる」ばかりを重要に感じていました。

しかし最も大事なことは1番目ですよね。

ゴールへの道を開けていては、ボールがマークに渡った瞬間、あっという間に突破されたり、シュートを打たれたりすることになります。

「当たり前のことを分かっていなかった」と反省いたしました(汗)

昨日はこの3原則をサッカー作戦ボードを使って息子に伝えました。

それで息子も頭がスッキリしたような顔を見せていましたね♪

にしても「分かっているようで分かっていないこと」って沢山なるなということを実感。

今後もこれを学びに精進してまいりますw

★下記のボタンを押してくれると感謝感激です<(_バ_)>
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

★うちの息子は檜垣さんのDVDで学ぶことで、確実にサッカーが変わりました!


檜垣裕志の「サッカーテクニック向上メソッド」