小学生サッカーの「声が出ない!」の原因と改善

試合で自分の子の「声が出てない」と悩まれる親御さんは多いと思います。

実際、私も悩んで来ましたからね。

それを解決しようと私も試行錯誤してきました。

そして、今になって思うこと!

それは声を出すためには「サッカーを理解することがまず最初!」ということ。

声が出せない理由は

  • 恥ずかしい。
  • 出し慣れていない。
  • 言いにくい。

なども確かにあると思います。

でも根本的に声がでない理由は、

  • 声を出す必要性が分からない。
  • 何を言えばいいか分からない。

からですね。

それはうちの息子がそうだったから分かります。

  • ゴールを奪うために!
  • ゴールを奪われないために!

にはどういう選択があるか?

今、何をすべきなのか?

  • パスをつなぐためには?
  • ボールを奪られないためは?
  • ボールを奪うためには?

まずはそれを理解して自分で動けるようになる。

そして自分でできるから人にコーチングができるわけです。

ゆえに

  • サッカーを理解していない
  • 自分で実行できていない

限り、声を出せるわけがないんです。

考えてみれば当たり前ですよね(汗)

なのに「声を出す」「コーチング」といった部分を切り取って練習しようとしたりしてしまう。

過去の自分が情けない(涙)

もちろん普段の練習といっしょに「声を出す」練習も必要です。

ボールを要求するための声。こちらに気づかせるための声。など

ただその前にサッカーを知ることが大事。

最近は、時間さえあればDAZN でサッカーを見るようにしています。

そして親子二人で語り合います。それが「理解を深める一番の方法かな?」と思って。

あとは「アオアシ」ですね。


アオアシ(1) (ビッグコミックス)

これけっこう最強だと思います。コミュニケーションに関してのことも多く書かれてますし♪

★下記のボタンを押してくれると感謝感激です<(_バ_)>
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

★うちの息子は檜垣さんのDVDで学ぶことで、確実にサッカーが変わりました!


檜垣裕志の「サッカーテクニック向上メソッド」