風間本レビュー 「サッカー止める蹴る解剖図鑑」

サッカー止める蹴る解剖図鑑

風間さんのDVDが良いらしいと聞いていて、買おうか悩んでいた時に、この本が発売されたので即購入してしまいました。

風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.1 [DVD]

本ならいつでもどこでも見ることができますからね。

この本を読んだ感想を簡潔にいうと「サッカーの止める、蹴るの理屈が知りたい人は購入するとスッキリするのかな?」といった感じ。

とくに私のようなスポーツ未経験で頭の固い人間がw

  • なぜ、そのようにするのか?
  • どうすればいいのか?

をしっかり理解したい場合にはいい本ですねw

中でもとくに勉強になった点は、

  • インサイドでボールを止める際の方法と、その方法で止まる理由。
  • インサイドキックをカカトに近い場所で蹴る理由。
  • ドリブルで抜く際に見る場所
  • パスする際は相手の矢印を見る

などです。

加入月は視聴料がかかりまりません。
チャンピオンズリーグを見るならWOWWOW


インサイドでボールを止める際の方法と、その方法で止まる理由

YouTubeなどでインサイドでボールを止める際は、ボールの上部分に足の親指付け根にある出っ張った部分を当てると教えられていました。

しかし、「なぜボールの上部分に当てるのか?」を理解していなかったわけです。

聞いてみたら当たり前のようなことで、ボールの上の部分を触ると力は下に働くわけです。

下は地面ですから、ボールは足と地面に挟まれる形になる。だからボールは止まるわけですね。

恥ずかしいですが、これを読んだだけで「オォーー!!」とうなってしまいました(汗)

インサイドキックをカカトに近い場所で蹴る理由

インサイドキックをカカトに近い部分で蹴るのも、私はその部分が硬くて反発がいいからだと思っていました。

しかし、

カカトに近い場所は足の真下ですから、ボールの反作用を受けても動くことはありません。それだけ安定したインパクトが出来て、パワーをよりボールに伝えることができるのです。

サッカー止める蹴る解剖図鑑より

と聞いてまた「オォーー」とうなったわけですw

まとめ

他の学んだことも紹介したいですが、あまり書きすぎるとあれなのでここら辺にしておきます。

あとは本書をご覧ください。


サッカー止める蹴る解剖図鑑

とにかくサッカー経験者には当たり前の事ばかりだとは思いますが、私のような者には頭の中のグレーな部分をクリヤーにしてくれて感じw

そして息子に対しても自信を持って助言できるようになるなりましたね。

あとこの書の後半は風間さんの視点からメッシの動きを解説しているのでメッシをもっと深く知りたい方にもオススメですよ♪

★下記のボタンを押してくれると感謝感激です<(_バ_)>
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

★うちの息子は檜垣さんのDVDで学ぶことで、確実にサッカーが変わりました!


檜垣裕志の「サッカーテクニック向上メソッド」