・当ブログでは広告を表示しています

【サッカーのキック】膝下の振りだけを意識すればいいのか?

キックする際、「ひざ下の振りだけを意識」とよく言われたりします。
YouTubeを見ていても良く使われていますね。

でもこの言葉を鵜吞みしてしまうと間違ってしまうことがあるんですね。

というのは、ひざ下ばかり意識しすぎて膝上をほったらかしにしてしまうから。

体の使い方を理解している人ならそうはならないのでしょう。でも、理解していないと膝上の筋肉を力ませて、ひざ下を振ってしまうんですね。

こうなると足が棒状態になってしまって、ムチのような「しなり」を持った蹴りにはならないわけです。

結果、

  • 威力のあるシュートは打てない
  • 足元に速いパスも出せない
  • ロングパスの出せない

ということになってしまうわけですね。

こうならないために一番大事なのは連動です。

膝上がまずボールに向かってから、その後にひざ下が付いてくる形。

考えたら分かることなんですが、人が歩く形がコレですよね(汗)

「膝上が先に動くからひざ下が後に付いてきて最後に足裏が地面に付く」

ただこれをすればいいのですが、「ひざ下だけを意識する」と言われるから
そのスムーズな動きができなくなるわけです(涙)

正しく蹴るには、ひざを少しだけ先にボールに向かって出す意識を持つ
あとからひざ下が出てくる感覚がつかめると思います。

これができるようになると、シュートでもロングキックでも
力を使わずに足を振り切れるようになりますね。

練習方法としては、やっぱり利き足のインステップリフティングです!

檜垣さんやイニエスタ、ファンダイクのリフティングをみても膝上が先に出て
あとからひざ下が出てきてボールをタッチしているのが分かります。

普通に考えれば当たり前のことなんですが、理解していないとわたしのようにつまづくので(涙)
気を付けるようにしてください(*_*)

バカ親父の戯言

Posted by eiji