・当ブログでは広告を表示しています

【サッカー|ボールの蹴り方】キックは衝突

「キックを力んでしまって思うように蹴れない。」

あるあるパターン。

わたしも息子のサッカーに係わるまでは、
ボールは力で蹴るものだと思っていました。

でもちがうんですね。

まず、「キック=蹴る」と考えるからおかしくなる。

「キック=衝突」と考えるとけっこう理解できる。

これについては下記の動画を何度も見ると分かってきます。

要するに、足の筋肉でキックするのではなく、
体全体をボールにぶつけること!

交通事故発生時における衝突する自転車が有する運動エネルギーは、自動車の重量(質量)に比例し、走行速度の2乗に比例することから、自動車の走行速度が高くなればなるほど、交通事故発生時の衝撃は大きなものとなり、乗員の危険性が高まることとなる。

キックは上のことと同じで、足の筋肉でどうのこうじゃなく、
軸足を踏み込んだ際の衝撃をいかにボールに伝えるかが大事!

だから、サッカーを始めたばかりの時は、
近い距離でパス練習するより、
軸足をしっかり踏み込んで蹴らせる練習をするほうが、
正しいキックを身に付けるのではないかと思うわけです。

おわり。

バカ親父の戯言

Posted by eiji