・当ブログでは広告を表示しています

【サッカー強いキックの蹴り方】重心が高いから遠心力が使える

分かっている人には「今さら何いってるの?」と思われること。

それが重心を意識するということですね。

わたしもそれが分かっていなかったばっかりにいろいろ苦労してきました。

ただ単に、自分に物事を抽象化して考えるというものがなかったからなんですが(涙)

そのひとつに「強いキックを蹴るには?」というのがあります。

強いキックというと、

  • 足に力を込めて蹴る!
  • 助走をつけて蹴る!

みたいなイメージを持ってしまいます。

しかし、そんなことよりも大事なことが「重心を高くする」ということなんですね。

キックのコツとしてよく言われることが、

  • 左腕を斜めにあげる(利き足が右の場合)
  • 胸を反らす(右利きなら左胸)

といったものがあります。

トニークロースもこの動画でいってますね↓↓

これらは結局のところ、重心を高くすることを言っています。

なぜ重心を高くする必要があるか?

それは遠心力を高めるためなんですね。

遠心力とは?

電車が直線を走り、カーブに差し掛かったとしましょう。あなたは電車が曲がる方向と反対側に引っ張られ体が傾きますね。ここにも慣性力が働いています。あなたは電車とともに直線運動をしていて、電車がカーブを曲がっても、あなたの体はそのまま直線運動を続けようとして、カーブと反対方向に体が傾くのです。この場合の慣性力を遠心力と呼びます。

https://humans-in-space.jaxa.jp/faq/detail/000570.html

一番分かりやすいのがハンマー投げです。

ハンマー(球)につながっている鎖(くさり)が短ければ、遠心力がかからず球は遠くに飛びません。

逆に鎖が長ければ遠心力が大きくなり遠くに飛びます。

これをキックに変えて言えば、蹴り足(足首より先の部分)を振り回すための重心との長さを長くすれば遠心力がかかり、強いキックが蹴れるわけですね。

だから、足首からできるだけ重心を離すために重心を高くする必要があるわけです。

なのに

  • 強いキックが蹴れない!
  • ロングキックが蹴れない!

という子は、股関節(腰の辺り)に重心を置いて蹴っている。

これだと足首との距離が短いため、

  • いくら助走をとったとしても
  • 足をムチのようにしならせたとしても

ボールに与えるパワーは少なくなってしまいます。

あと、この体の使い方はインアウトドリブルのインの動きと一緒ですね。

こう見てみると本当にすべてはつながっています。

自分が本質を分かっていなかっただけですが。。(汗)

バカ親父の戯言

Posted by eiji